東北の震災から5年が経ちました

5年前の3月11日は勤務先の整骨院でテレビを見て、津波の映像の激しさと非現実さに唖然としてた記憶があります。

今日は東日本大震災からちょうど5年目。

東北から遠い九州に住んでる身としては「もう5年も経つのか」とすごく早い感覚なのですが、きっと現地の方にとっては今も続く長い苦難の日々なんでしょうね。ただ一刻も早い復興を願うばかりです、

 

 

という文章を書きながら当時のことを写真で探してみて、今、思わず絶句してしまいました。

津波の被災地でランドセルを抱えて呆然としている高齢の男性

道路の脇の果てしなく広がるがれきの山

津波が家の中に入ってきている最中にLINEで交わされた親子の会話

 

どれも「もし自分の身に実際に起きたとしたら」と考えると、言葉にならないですよね。身につまされる思いです。

先日弱い地震ですが那珂川町でも少し揺れることがありました。福岡でも、いざというときの備えはぜひ用意しておきたいですね。

 

重ねてになりますが、被災地の方たちが一刻も早く震災以前の生活に戻れますよう、心からお祈り致します。

 

 

関連記事

  1. 「転んだあとにケガをしないための体操を」柔道の動きを取り入れ…

  2. 「側弯症は早期発見が大事に」分類や原因、予防方法についてご紹…

  3. 福岡ウォーカー4月号表紙画像

    「福岡Walker4月号」には道の駅がいっぱい!伊都菜々や宗…

  4. 「秋の花粉症」原因はあちらこちらの野草から!? 最近つらい鼻…

  5. 冬嫌いなあなたに贈る「生姜紅茶」4つの効能

  6. 梅雨の疲れにレモンやお酢を「あなたに勧めたいクエン酸の4つの…