【初期アルツハイマー病、マウスで記憶復元に成功】のニュースを聞いて医学の画期的な進歩に感動した話

こんにちは。「那珂川町いのうえ整骨院」の井上です。

昨日のネットニュースで、初期アルツハイマー病「マウスで記憶復元に成功」の記事を見て

思わず、すげー!って唸ったんですけど、これって実用化されたら本当に画期的なことですよね!

実験は簡単に書くと、

①アルツハイマー病のマウスに部屋に入れて電気刺激を与えて嫌な記憶を与える

②アルツハイマー病なので、次の日に嫌な記憶を忘れている。部屋に入ってもおびえない。

③脳の神経細胞の集まりに光で刺激を与える

④嫌な記憶を思い出して部屋に入るとおびえる

という過程で、

脳に対する光刺激で初期のアルツハイマー病の治療が期待できるとのこと。

 

アルツハイマー病の患者さんって

記憶が壊れているのか

記憶はあるけど思い出せないのか

との議論があったみたいなんですが、今回の実験の結果で「記憶はあるけど思い出せないだけ」との見方が強くなり、将来的には治療できる可能性が出てきました。

 

実は、整骨院でも「最近物忘れが・・・・・・」って話はよく聞くことでやっぱり高齢な方が持つ悩みの種のひとつなんですよね。

アルツハイマー病が治療できてアンチエイジングや老いに対する大きなブレイクスルーになるとすると、これからの未来にも期待したくなりますね!

僕が物忘れがひどくなる前に実用化されますように……笑

 

関連記事

  1. スマホアプリ「NIKE+Running」はこの春ランニングを…

  2. 「10RM」って何?筋トレ初心者向けトレーニング負荷設定の目…

  3. 期間限定はダテじゃない!スターバックスの「アプリコット ハニ…

  4. 胸郭出口症候群

  5. JR博多南線の新時刻表(平成28年3月26日(土)ダイヤ改正…

  6. 原因は加齢?体重?運動不足?「変形性膝関節症」とは