「10RM」って何?筋トレ初心者向けトレーニング負荷設定の目安

10RMという言葉聞いたことありますか?

【RM】とはRepetition Maximumの略で

”ある重さを限界まで何回動かすことができるか”

っていう自分の最大筋力のこと。

 

”10RM”っていうと、ダンベルや腕立てなど、ぎりぎり10回までは運動出来て10回でダウンするって意味。

 

実は、短い時間でより強い筋肉を作るには、

この”10RM前後”の強度のトレーニングが効率がいいんです!

 

トレーニングを始めるときは

最初は少なめの負荷で回数多めに15回~20回を2セット~3セットから始めてみてください。

 

そして、トレーニングに慣れてきてから少しずつ負荷を上げるようにすると無理せず自然と筋力がついてくるからオススメです。

 

 

※合間でかならず水分をとるようにしてトレーニング前後でストレッチをゆっくり時間を取ってするのも大事です。

何か新しいことを始めたくなったら思い切ってカラダ作り、頑張ってみましょう!

関連記事

  1. 首の歪みから来る頭痛「頸椎原性頭痛」って何?自分で出来る改善…

  2. 福岡に例年よりも早い桜開花宣言?なんと今年は福岡が日本最速な…

  3. パソコン作業からくる頸の痛み、簡単なコツで予防できますよ

  4. 運動神経がない子なんているの?スポーツが苦手な子が前向きにな…

  5. 整骨院でマンガを読もう!3月に整骨院の受付に並んだ新刊をご紹…

  6. 「低体温と免疫力の関係」風邪を引きやすい人は筋肉を増やそう