「低体温と免疫力の関係」風邪を引きやすい人は筋肉を増やそう

低体温や冷え性でお悩みの人ってほんと多いです。

足先が冷える。お風呂に入ってもなかなか温まらない。特に出産後の女性の方は女性ホルモンが減ることによって低体温になりやすい。

そんな「低体温」「免疫」に密接な関係があること、知っていますか??

 

体温が1度下がると免疫力が約30%ダウンする

一般的に平熱といわれる体温は”36.5℃~37.0℃。また、テレビ番組の企画で、ある一定数の日本人の平均体温を調べたところ36.2度だったそうです。よければ一度あなたも体温を測ってみてください。意外と36.0℃以下の方も多いのではないでしょうか?

 

体温と免疫には密接な関係があって、体温が一度下がると免疫力は約30%ダウンすると言われています。

これは低体温になればなるほど病気になりやすく、治りにくいってこと。

よく風邪を引く、疲れが取れにくい、だるさが取れない、など体の不調が続く場合、体温をあげることが改善への第一歩になるのです。

 

定期的な運動が体温アップの秘訣

低体温の主な原因は

過剰なストレス

エアコンの効いた部屋に長時間いること

筋肉の低下

などなど。

特に、年々落ちやすい筋肉をそのままにしておくと、体が熱を生む機能も一緒に衰え「免疫力の低下」の原因に繋がり、

また、低体温はがん細胞を抑制する免疫の働きにも影響するといわれています。

 

よく風邪をひく、体調が悪い日が続きやすい、病気がちって人は、少しずつウォーキングやランニング、筋トレなどの習慣を取り入れてみてはいかがでしょう?筋肉量が増えていくほど体が発する熱量も増え、病気になりにくい体質になります。

他にも、ストレスをこまめに解消すること、エアコンの設定温度をあげることも効果あり!

低体温や冷え性でお悩みの方、まずは簡単なウォーキングから挑戦してみては?

 

関連記事

  1. 運動神経がない子なんているの?スポーツが苦手な子が前向きにな…

  2. 【ブザービートの衝撃】高校バスケも凄いんです!残り0.9秒か…

  3. 【初期アルツハイマー病、マウスで記憶復元に成功】のニュースを…

  4. 整骨院で一足先に春気分。桜咲きました。

  5. むくみの予防にたんぱく質。お肉だけでなく豆腐や納豆、卵からも…

  6. パソコン作業からくる頸の痛み、簡単なコツで予防できますよ